Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

アプリ  

Windows11でアプリをアンインストールする方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でアプリやソフトウェアをアンインストールする方法を解説します。

使っていない不要なアプリはストレージ容量を逼迫します。空き容量を作るためにはアプリのアンインストールを行いましょう。

アプリをアンインストールする方法

設定からアンインストール

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりアプリを選択し、アプリと機能ボタンを押します。

アンインストールしたいアプリの右側にある「︙」ボタンを押して、メニューの中からアンインストールを選択します。

「このアプリと関連情報がアンインストールされます」と表示されるので、アンインストールボタンを押します。

アプリと機能のアプリ一覧から削除されたら、アンインストールは完了です。

スタートメニューからアンインストール

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

すべてのアプリの一覧の中からアンインストールしたいアプリを右クリックして、メニューの中からアンインストールを選択します。

コントロールパネルからアンインストール

コントロールパネルからアンインストールする事もできます。

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

コントロールパネルが開いたら右上の表示方法を大きいアイコンにして、プログラムと機能を選択します。

リストの中からアンインストールしたいアプリを選択し、アンインストールボタンを押します。

アンインストールしますか?と確認画面が出るので「はい」ボタンを押します。

すると自動でアンインストールが始まります。リストからアプリが削除されたら、アンインストールは完了です。

標準アプリのアンインストール

従来の Windows ではアンインストールできなかった「ペイント」「メモ帳」「電卓」などの標準アプリもアンインストールする事ができます。

他のアプリと同様、アプリと機能の一覧の中からアンインストールを行います。

例としてペイント3D の右側にある「︙」ボタンを押して、アンインストールを選択します。

削除してしまった標準アプリは、Microsoft ストアからダウンロードとインストールを行う事ができます。

関連記事

ストレージ(HDD/SSD)の空き容量を作りたいならディスククリーンアップをお試しください。

Windows11でディスククリーンアップを行う方法とショートカット作成

Windows11 でディスククリーンアップを行う方法について解説します。 ディスククリーンアップとは、自動でストレージ(HDD/SSD)内の不要なデータを検出し、削除する事でストレージの空き容量を増 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-アプリ

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.