Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11でリソースモニターを開く方法とショートカット作成

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でリソースモニターの開き方と、ショートカットを作る方法について解説します。

リソースモニターとはパソコンのリソースの利用状況を監視するツールです。リソースはパソコンの処理能力の事で、メモリや CPU の使用状況を確認できます。

リソースを監視するなら同様なものにタスクマネージャーがありますが、リソースモニターではより詳細に状況がわかるツールとなっています。

リソースモニターを開く方法

スタートメニューから開く

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

すべてのアプリの中から W の項目にある Windows ツールを開きます。

Windows ツールフォルダーの中にリソースモニターがあるので、ここから開きます。

検索して開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「リソース」と入力します。

検索結果からリソースモニターを開く事ができます。

コマンドで開く

以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前の欄には次のように入力して OK ボタンを押します。

resmon

リソースモニターが開きました。

リソースモニターのショートカットを作る

デスクトップ

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

すべてのアプリの中から W の項目にある Windows ツールを開きます。

リソースモニターを右クリックして、メニューの中から「ショートカットの作成」を選択します。

ここにショートカットを作成することはできません。デスクトップ上に作成しますか?という確認画面が出るので「はい」ボタンを押します。

デスクトップにリソースモニターのショートカットが作成されました。

スタートメニュー

前述の方法でデスクトップにショートカットを作成してください。

作成したショートカットを右クリックして、メニューの中から「スタートメニューにピン留めする」を選択します。

スタートメニューにリソースモニターがピン留めされました。

タスクバー

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

すべてのアプリの中から W の項目にある Windows ツールを開きます。

リソースモニターを右クリックして、メニューの中から「タスクバーにピン留めする」を選択します。

タスクバーにリソースモニターがピン留めされました。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.