Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

アプリ  

Windows11でQRコードを読み取る方法と作成方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で二次元バーコード(QRコード)を読み取る方法、QR コードを作る方法を解説します。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

スマートフォンでは当たり前になっている QR コードリーダーですが Windows11 でもアプリを導入する事によって QR コードを読み取る事ができます。

カメラが内蔵されているノートパソコンはもちろん、デスクトップパソコンでもウェブカメラがあれば使う事ができます。

QRコードの読み取りアプリをダウンロード

タスクバーの紙袋アイコンを選択して Microsoft ストアを開きます。

検索窓で「QRコード」を入力し、候補の中から QR コードスキャンを選択します。

入手ボタンを押して、アプリのインストールを始めます。

インストールが完了したら、開くボタンを押してアプリを開きます。

初回起動時は「QR コードスキャンがカメラにアクセスする事を許可しますか?」という確認画面が出ます。「はい」ボタンを押します。

※カメラ使用の許可をしないと QR コードを読み取れません。

QRコードを読み取る方法

アプリを起動するとカメラが起動します。

カメラに QR コードを映します。すると、自動で読み取った URL をブラウザで開きます。

自動でブラウザを開かないようにする

読み取った URL を自動でブラウザで開かないようにする事もできます。

読み取った URL が不審なものだった場合はアクセスしたくありませんよね。事前に URL を確認する事が可能です。

画面右上の歯車アイコンを選択して設定を開きます。

「スキャンした URL を確認してブラウザを起動する」のチェックボックスをオンにします。

これでブラウザが勝手に開く事はなくなります。

QRコードを作る方法

Chromeを使う

Google Chrome で QR コードにしたい URL にアクセスします。

Chrome のアドレスバーを選択すると QR コードのアイコンが表示されます。これを選択します。

すぐに QR コードが作成されます。ダウンロードボタンを押すと、QR コードをダウンロードできます。

ウェブサービスを使う

以下のウェブサイトにアクセスします。

QRコード作成【無料】/QRのススメ

QR コードにしたい URL をテキストボックスに入力し OK ボタンを押します。

サイズのスライダーを左右に動かして、お好みのサイズに調整します。そして「ダウンロードする」ボタンを押すと QR コードを png 画像でダウンロードできます。

スポンサーリンク

-アプリ

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.