Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

トラブル  

Windows11でファイルを開くとプロパティが開いてしまう対処法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でファイルやフォルダーを開くとプロパティが開いてしまう時の対処法を解説します。

ファイルやフォルダーが全く開けなくなってしまうので作業にならないのですが、これは不具合ではなく Windows の一つの機能なのです。運悪く予期せず Windows の一機能が有効化してしまった事が原因で発生する現象です。

原因について

この原因については以下の2つが考えられます。

  • キーボードが汚れていて ALT キーが押しっぱなし状態になっている
  • 固定キー機能が有効化されている

Windows の仕様として ALT キーを押しながらファイルやフォルダーを開くとプロパティを開くというショートカットがあります。

キーボードが汚れていて ALT キーが張り付いて押しっぱなしになっているか、固定キー機能で ALT キーが押しっぱなしになっているか、どちらかが原因です。

対処方法

キーボードが綺麗という場合は、固定キー機能が有効になっている事が考えられます。

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりアクセシビリティを選択し、下の方へスクロールしてキーボードボタンを押します。

固定キー機能がオンになっている場合はオフにしてください。

これで解消されるはずです。

再発を防ぐ

「固定キー機能なんて有効にしたつもりないのに?」

そう思われるのも仕方ありません。予期せず固定キー機能が有効化してしまう事にも原因があります。

Shift キーを5回連続で押すと、固定キー機能が有効化してしまいます。

このショートカットキーを無効にしないと、また再発してしまいます。

固定キー機能ボタンを押します。

以下の2つのスイッチをオフにします。

  • 固定キー機能用のキーボードショートカット
  • Ctrl, Alt, Shift, Windows ロゴキーを2回続けて押すとそのショートカットキーをロックします

これで予期せず固定キー機能が有効化される事を防げます。

固定キー機能とは?
2つのキーを押すショートカットキー操作が難しい場合、1つずつのキーで操作できるようにする機能です。

スポンサーリンク

-トラブル

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.